各所見からどの筋が弱化しているのかを予測する


『キングオブエクササイズ』と言われているスクワット。その時の運動パターンで筋機能を予測する事ができれば臨床の大きな武器になります。

1下顎が前方

2腰椎前弯過剰、骨盤前傾過剰

3腰椎の前弯減少、骨盤後傾

4膝の屈曲不足

5膝の外反

6膝の内反

7踵が浮く

参考文献

注目コンテンツ

月額3,300円(税込)から利用可能
”治せるセラピスト”を目指す為の
サブスクサービス

無料で始められる力学シリーズ
真に臨床に則した力学を学ぶ
唯一のコンテンツ

各種SNS

フォローして最新情報をゲットしよう♪