匠の技
-ゴールド会員限定オリジナル番組-

このページでは『会員定額サービス』のゴールド会員だけの映像コンテンツを掲載します。
※本コンテンツは 会員定額サービスのゴールド会員専用コンテンツです。視聴にはゴールド会員によるログインが必要です。

-今月の匠-

理学療法士/ウェルケアわきた整形外科

千葉 慎一

Shinichi Chiba

あの読売巨人軍のトレーナー経験を始め、常にレベルの高い環境で研鑽し、現在は医療法人社団裕正会ウェルケアわきた整形外科に勤務。患者はもちろん、数多くのプロスポーツ選手やドクターから絶大な信頼を得ている。全国各地で投球障害や肩関節疾患に関する講演を行い、著書も多数ある。

【主な著書】

  • 『運動のつながりから導く姿勢と歩行の理学療法 』文光堂 2020.
  • 『投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋に』メジカルビュー社2020.
  • 『運動のつながりから導く肩の理学療法』文光堂 2017.
テーマ

肩関節疾患を診る上での体幹機能の診方・アプローチの実際

本映像は4/16に少人数で開催されたプライベート実技セミナーの模様を収録したものです。
今回は、千葉慎一先生をお呼びして、ご要望の多かったテーマであります、「肩関節疾患を診る上での体幹機能の診方・アプローチの実際」についてご解説いただきます。
肩関節疾患と体幹機能障害が関連するケースは一体どのような場合なのか?
千葉先生が実際の臨床で「体幹機能」に着目する際のポイント、アプローチ方法などを実技を交えてご解説いただきます。

▪肩関節運動の特徴
▪肩関節運動における胸郭の機能
▪胸郭の診方
▪【実技】胸郭に対するアプローチ
▪胸郭-骨盤の診方
▪【実技】胸郭-骨盤に対するアプローチ
▪頭頚部の診方
▪【実技】頭頚部に対するアプローチ

ここから先は
ゴールド会員のみ表示されます。
ゴールド会員の方は
ログインしてください。

視聴ページ(視聴期間2022年5月1日〜31日)

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください