匠の技
-ゴールド会員限定オリジナル番組-

このページでは『会員定額サービス』のゴールド会員だけの映像コンテンツを掲載します。
※本コンテンツは 会員定額サービスのゴールド会員専用コンテンツです。視聴にはゴールド会員によるログインが必要です。

ー 9月の匠 ー

理学療法士/なか整形外科 京都西院リハビリテーションクリニック

小野 志操

Shiso Ono

林典雄先生が立ち上げた整形外科リハビリテーション学会の理事も務めており、その機能解剖学に基づいた膨大な知識に基づいた治療を展開し、数多くの患者や日本代表クラスのプロスポーツ選手から絶大な信頼を得ている。2021年7月より『なか整形外科 京都西院リハビリテーションクリニック』でリハビリテーション科顧問として勤務しつつ、運動器領域に携わる理学療法士の臨床・研究・教育をサポートしている。

【主な著書】

  • 「改定第2版 関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 上肢・体幹」、メジカルビュー社、2014年3月
  • 「第1版 関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹」、メジカルビュー社、2008年9月

【DVD】

  • 「アスリートにおける股関節痛・鼠径部痛の評価と治療」、ジャパンライム、2021年7月
  • 「機能解剖学に基づいた人工膝関節全置換術後の運動療法」、ジャパンライム、2020年3月
  • 「運動療法に必要な肩関節超音波解剖の観察と拘縮治療」、ジャパンライム、2019年7月

[テーマ] 触診技術の匠の技

TOPICS
  • “触診”の臨床的な意義について
  • “触診”をする際に 気を付けているポイント
  • 検体解剖から得られる “触診”のポイント
  • 深層組織を触れるときに注意すべきポイント
  • “触診技術”を向上させるためにするべきこと
  • 1人でもできる “触診”の練習方法

視聴ページ