私たちの臨床で、現病歴や既往歴に「パーキンソン病」がある症例に出会うことは、非常に多いです。パーキンソン病は「適正な薬物治療と症状に応じたリハビリテーションを行うことが極めて重要」と報告されています(図1)。

今回のRINSHO PICKSでは、「パーキンソン病の症状に応じたリハビリテーション」を深堀りし、臨床の一助になる情報をお届けします。

パーキンソン病は個人差がありますが、50〜60歳から発症し、ゆっくりと症状が進行する原因不明の指定難病で、歩行などの自動運動の開始やリズムの形成、筋緊張の調整を行う大脳基底核(中脳黒質、線条体など)が障害される疾患です。このため、動作が緩慢となりやすく、無動や振戦、強剛の3大症状が出現します。こうした症状の重症度としては、「Hoehn & Yahr の重症度分類(以下、HY 分類)」がひとつの目安にリハビリテーションが行われています(図2)。

HY 分類から症状を予測し、介入時の介助量や転倒などのリスク管理をしたうえでリハビリテーションを行っていきますが、このとき重要になるのが「薬剤のコントロール」です。薬物療法はパーキンソン病治療の第一選択であり、服薬においては症状の日内変動があることを念頭に介入をしていきます。

例えば、初回では方向転換時に足がすくんでいたのにも関わらず、次回介入時では問題なく行えていた場合、薬剤コントロールの影響を視野にいれます。そして、本人やご家族に1日の服薬の持続時間や生活リズムを聴取し、介入時間の配慮を行うことが大切です。また、副作用として低血圧も挙げられますので、介入時のバイタルサインは必ず測定するように心がけてください。

こうした薬剤のコントロールを配慮した上で、リハビリテーションを行いますが、この時とても参考になるのが、「臨床実習生・若手PTのための理学療法実践ナビ 脳血管疾患編」です。是非、一読し理学療法の参考にしてください。

臨床実習生・若手PTのための理学療法実践ナビ 脳血管疾患編

※この記事の続きは有料会員限定です。入会お申込みで続きをお読みいただけます。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください