腰部脊柱管狭窄症における術後の理学療法の目的は何だと思いますか?

この問いに対して様々な答えがあると思いますが、私は、疼痛の軽減・消失と体幹機能再構築を基盤とした起居動作や移動能力の再獲得の2つだと考えております。

腰部脊柱管狭窄症によって出現する間欠性跛行を伴う症例の多くは、体幹直立位を保つことで殿部痛や下肢痛が発生しやすいため、疼痛からの逃避行動として体幹前屈位をとることが習慣化しやすい特徴が挙げられます。
また、加齢による姿勢変化の影響も受け、体幹の抗重力伸展機能はより低下していきます。

こうした疼痛回避による姿勢変化と加齢による姿勢変化の影響で、体幹の機能が低下するわけですが、術後においては疼痛の軽減・消失が得られやすいため、術後理学療法の役割は体幹機能再構築を基盤とした長距離歩行の獲得やQOLを向上させることであると言えます。

では、具体的にどのようにしていけば良いのでしょうか。今回は『臨床実習性および若手PTのための理学療法実践ナビ運動器疾患編』を素に、実例も併せて紹介して参ります。

術後の姿勢評価と動作分析は?

本症における立位姿勢の評価は症状からの逃避、加齢による姿勢の退行性変化の両面から捉えることが必要です。脊柱管狭窄症は主に直立姿勢をとることで症状が発生するため、逃避行動として脊柱後弯や骨盤後傾姿勢をとる傾向があります。具体的に、女性では骨盤の後傾化、男性では胸椎後弯化を伴うことが多いです。

大切なのは、術後には疾患由来の逃避行動は比較的早期に解消しますが、筋機能低下に起因する脊柱後弯・骨盤後傾姿勢は残存するということです。

また、動作・歩行で言えば、術前にあった神経性間欠性跛行は手術によって軽減すると考えられます。しかし、脊柱管狭窄症に罹患期間が長く、かつ歩行機能が低下している状態が長期化していた患者では、創部周囲の痛みが軽減しても骨盤後傾・脊柱後弯姿勢が持続することが少なくありません。(図2)。


図2

ここに、我々セラピストが介入できる余地がたくさんあるのではないでしょうか。

そこで、『臨床実習性および若手PTのための理学療法実践ナビ運動器疾患編』から抜粋してアプローチの一部を紹介していきます。

※この記事の続きは有料会員限定です。入会お申込みで続きをお読みいただけます。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください