TKA術後のリハビリテーションでは、医師から関節可動域改善を依頼されることが多いと思います。退院までに膝関節屈曲可動域120°、伸展0°を目的に進めていく施設が多いと思います。

私が新人の頃はTKA術後早期にROMex.を行うと、患者がすごく痛がったり、緊張が抜けない患者が多く、「疼痛を感じやすい患者を担当することが多い自分は運が悪いな」と自分の技術不足を棚にあげていました。

しかし、ある日、同じ患者のリハビリテーションを、ある先輩セラピストにお願いした所、あんなに私が苦労したROMex.をスムーズに行うだけではなく、可動域がみるみるうちに改善していったのです!

この先輩のように『この人が担当すると経過が良くなるという人』は、あなたの身近にもいるのではないでしょうか?実はそのような優れたセラピストには、共通したポイントがあるのです。

今回はTKA術後のリハビリテーションを例にして、膝関節屈曲可動域制限について解説していきます!

硬さの原因になりやすい組織は?

TKA 術後では、膝関節の可動域制限が必発します。TKAでは特に前内側の侵襲範囲が広いため、屈曲可動域が制限されやすいです。しかし手術適応の膝OA患者の大半は、術前から伸展制限を有しているため、術後も伸展制限を伴うことが多いです(図1)。


図1

術後早期では関節の腫脹が強く、特に屈曲運動時に関節内圧が上昇しやすいです。また、内圧上昇に加え、術創部に離開するストレスが加わることで、強い疼痛を伴い屈曲は制限されます。腫脹が治まると内圧は下がりますが、前述した術侵襲による軟部組織への影響で可動域が制限されやすくなります。この制限因子としては、前方では術創部や内側広筋、膝蓋支帯が多く、後方ではサギングの影響によって後方組織に挟み込みが生じ膝窩の脂肪体や靭帯などが制限因子となります。

※この記事の続きは有料会員限定です。入会お申込みで続きをお読みいただけます。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください