今から14年前の2008年6月、私は常に不安と戦っていました。理学療法士になって3か月。目の前の患者に何をしたら良いのか「分からず」、自信を持てないでいました。その不安が「やってしまった…」と痛感したのは、それから数か月後のことです。

腰椎圧迫骨折で入院した方を担当した私。順調に回復し自宅に退院したのですが、数か月後には大腿骨頸部骨折で入院し、人工骨頭置換術を行ったのです。この方を再び私が担当することになり、さっそく病室に伺いました。挨拶を済ませ、リスク管理を行いながら離床を図ろうと私は「○○さん、体勢を変えたいので一度枕を外しても良いですか?」と言った時です。その方は「枕外すと背中が痛いのよ」と答えました。

え…?と思い、確認すると胸椎の伸展が起こらず、上位頚椎だけが伸展して、背臥位が困難になっていました。圧迫骨折した部位は腰椎でしたが、背臥位獲得に必要な胸椎伸展の可動域を維持する体操や指導を十分に実施していなかったのです。このまま胸椎の伸展可動域が得られず、さらに手術した股関節の可動域や筋機能が回復しなかったら…転倒リスクはより高まってしまいます。

「やってしまった…、もっと早くこうした視点をもって取り組んでいれば…」と痛感した瞬間です。こうした経験から、目の前の患者の「状態」だけでなく「その先」を見据えながら、何をしたら良いのかが「分かる」ことが大切だと考えるようになりました。そうすれば、自信をもって仕事ができると思います。

もし、あなたが私と同じような気持ちを抱いているなら、今回ご紹介する内容を、是非参考にしてください。そして、先を見据えた理学療法が提供できるようになってください。

転倒などをきっかけに「腰椎圧迫骨折」を呈する方は、高齢者ほど多くなります。
腰椎圧迫骨折は椎体骨折で、第11胸椎から第2腰椎の胸腰椎移行部に好発し、激しい痛みから、日常生活が困難となり、QOLが低下します。この骨折の多くは、椎体の前方が潰れる楔状椎となり、椎体が後弯することに伴う動作障害や体幹の可動域制限が出現します(図1)。


図1

※この記事は有料会員限定です。入会お申込みで続きをお読みいただけます。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください