そう語るのは変形性膝関節症の理学療法において、本邦で最も著名な先生の一人である、山田英司先生です。

山田先生の遺作となった書籍『変形性膝関節症の保存療法(2022年2月14日に発売)』ではこの膝関節外反モーメントについて徹底的に解説されています。

私たちセラピストが対応する「変形性膝関節症の保存療法」において、最も要求されるのは「痛みの改善」だと思います。そのためには、痛みを発している組織を評価し、その組織に対してアプローチする必要がありますが、それだけで痛みが改善するほど、臨床は簡単ではありません。

多くのセラピストを悩ませているのが「その時は良いけど、次回来た時には痛みが戻っている」ということではないでしょうか。理由は簡単で、痛みを発している組織にストレスをかけ続けている動作を変えられていないからです。

もちろん、変形性関節症は退行性疾患ですので、痛みを消失させることが難しい症例もいます。ですが、痛みを発している組織と、痛みを誘発している動作の両方にアプローチを行わなければ、臨床で良好な結果を出すことは困難です。

そこで今回、変形性膝関節症の動作を考えるうえで、最も重要な「膝関節外反モーメント(knee abduction moment:以下、KAM)」について紹介いたします。そして、さらに深掘りをしたい方は、書籍『変形性膝関節症の保存療法』を手に取ってみてください。あまりにも膨大な研究データを基にKAMについて解説してくれていますので、ここでは正直紹介しきれません。それほど勉強になり、臨床に活かせることをお約束いたします。

なぜKAMが最も重要なのかと言うと、膝の不安定性を増大させ、内反変形が進行する一番の要因になるからです。このKAMについて理解するためには、健常者の膝と比較することが大切だと山田先生は述べています。

まず、結論から述べますと、KAMを最小化させるメカニズムは2つあります。

※この記事は有料会員限定です。入会お申込みで続きをお読みいただけます。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください