パフォーマンスを
向上させるための秘訣を探る

ヒトが立ったり、歩いたり、物を取ったりする時、当たり前ですが身体重心の位置変化によってパフォーマンスに違いが生じます。

例えば、身体重心が後方にあり、前に体重移動することが難しい高齢者であれば、立ち上がりやリーチ動作は楽ではありません。この高齢者の身体重心を後方から前方へスムースに誘導することができれば、立ち上がりやリーチ動作が楽に行えるようになります。つまり、パフォーマンスの向上を考えるうえで、その人の身体重心の位置変化を捉え、スムースな誘導を行うことは重要と言えます。

日本のリハビリ界において、最も多くのスポーツ選手や芸能人が訪れたとされる「足と歩きの研究所」を設立した入谷誠先生は、まさに身体重心を誘導することでパフォーマンスを向上させる天才でした。だからこそ、多くのスポーツ選手や芸能人が訪れたのだと思います。

-入谷 誠(1957-2016)
理学療法士。入谷式足底板療法の創始者。多くのトップアスリートや芸能人などに支持され、日本の足底板療法の第1人者として活躍していた。

今回は、そんな入谷誠先生の書籍から身体重心が存在する骨盤、中でも「仙腸関節」に焦点を絞り、パフォーマンスを向上させるために必要な考え方をご紹介したいと思います。

※この記事は有料会員限定です。入会お申込みで続きをお読みいただけます。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください