組織学的評価を終え、ある程度病態は絞り切れてきたと思います。
今回は、筋膜性疼痛に関する私が考える3つの分類について解説していきます。

丁寧に分類分けすることで、なんとなく漠然としていた筋膜の病態もかなりイメージしやすくなると思います。

動画時間:25分58秒

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください