ここまでの講義で、腰痛に対する第3水準の評価のプロセスと組織学的解釈について解説してまいりました。
ここからさらに深掘りして解説したいのが、原因別にカテゴライズするということです。
なぜなら原因が違えば、治療法も異なるからです。
だからこそ、まずは原因をサブグループ化する必要があるのでそれについて解説して参ります。
是非、楽しんでご覧ください。

動画時間:16分00秒 

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください