今回で、テーピングの講義は最後になります。
これまで、多くのテーピングを紹介して参りましたが、
私の臨床では、下肢へのテーピングだけでなく、体幹や上肢にも必要であればテーピングを使用します。
また、これまで、たくさんのテーピングを解説してきましたが、これらは全て倒立振り子に表出されます。
この2つを合わせて臨床応用することで、皆様の臨床はどんどん洗練されていくと思いますよ。
今回も楽しんでご覧ください。

動画時間:17分53秒 

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください