ここまでの、「組織学的評価」と「力学的評価」この2つを踏まえて、
本症例の治療の考え方を解説していきます。
皆様はどんなことを考えますか?
私なら、筋膜・神経の滑走性の改善、体幹の変位の改善、インソールなど様々あります。
自分が実際にこの症例を担当したと思って、本気で考えてください!
それでは、是非楽しんでご覧ください。

動画時間:12分53秒

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください