痛みを拾っていたものが小殿筋だと分かった場合、治療をどの様に考えますか?
治療を考える際には、痛みの組織が分かった上で、
まず、力学的負荷がどんなものか?
そして、組織学的にどのように痛みを出しているか?
この2つの視点から考えることが大事です。
今回は①治療として考えられること、②体幹の変位、③インソールについてお伝えします。
治療により痛みが軽減する実例もありますので、ぜひご覧ください。

動画時間:8分48秒

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください