今回は「膝内側関節裂隙痛の評価の手順 組織学的推論を中心に」を見ていただきます。

今回の映像を見ると、患者さんの痛みを発している組織が、かなり明確になるのがわかると思います。

内側関節裂隙の痛みは意外と多いです。だから、内側半月板、MCL、そのほか伏在神経との鑑別ができると、臨床力が上がります。

私が実際に治療した患者さんの映像を見て頂き、医療の現場で実際にしていることを知って頂きたいと思います。

ぜひご覧ください。

動画時間:41分22秒

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします