この映像を見たあなたは、「この症例も○○位荷重だ!」と動作分析の能力が格段と高まっていることに気づくはずです。

鼠径部痛も大腿外側部痛も臀部痛も仙腸関節痛も、この○○位荷重と関与しているという視点が持てれば、あなたの臨床力は画期的に変わります。

なぜなら、まず痛い組織を知って、そしてそこにかかる力学が分かるようになるからです。

あなたの動作分析の能力を格段に高めるために、さっそくご覧ください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください