我々セラピストが関わる股関節疾患の多くは術後ですが、
お決まりの術後プログラムだけを行っていても良好な結果は得られません。

個別に生じる股関節の痛みや硬さなどの症状を解決できる力こそ、そのセラピストの力量だと私は考えています。

だからこそ、股関節の保存療法で自信の持てる知識と技術を身に付ければ、自然と術後の治療に活かすことが出来るようになります。

さあ、さっそく講座を始めましょう。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください