あなたは目の前の症例の圧痛部位を的確に評価し、

症状との再現性を確認していますか?

実はこれ、組織をイメージできていないと難しいんです。

この圧痛を的確に評価できるための「3つのポイント」について、

実際に触れている映像も交えながら今回は解説しています。是非ご覧ください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください