講師:園部俊晴先生
Keyword:運動連鎖 距骨下回内 下腿内旋

質問
園部先生に運動連鎖について質問があります。
教科書的な運動連鎖では、距骨下関節を回内すると下腿は内旋すると報告されていますが実際の臨床ではそうでない方が多いと感じているのですが、どのように解釈すればよろしいでしょうか?

園部 俊晴 先生
質問ありがとうございます。
大変良い質問です。
教科書に記載されている運動連鎖は間違いではありません。
しかし、私の考えですが、実際の臨床ではそのように動いていないと考えています。その理由について、臨床で見る若い女性の膝がわかりやすいので例を挙げて説明します。
若い女性の場合は、ほとんどの人がスクインティングパテラを伴っています。
そうなると、運動連鎖の教科書的には、若い女の子は下腿が内旋し、足が回内に潰れる動きになるといえます。
果たして実際の臨床ではどうでしょうか?・・・・・・

※回答の続きは会員のみ閲覧できます。会員の方はログインしておすすみください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください