回答講師:小野志操先生
keyword:TKA術後、膝関節伸展可動域

質問
小野先生にTKA術後の伸展可動域について質問があります。
臨床で膝関節伸展制限が残存している症例を度々経験します。
その際、制限因子になっている膝関節の後方支持組織はどのように伸張していますか。

小野志操先生
ご質問ありがとうございます。
膝関節の後方支持組織はハムストリングス、腓腹筋、膝窩筋、斜膝窩靭帯、後方関節包などで構成されています。
その中で私は半膜様筋の柔軟性がとても重要だと考えています。
なぜかと言うと、手術時に後方関節包靭帯を誤って切除した場合、全例膝関節が過伸展することから、後方関節包靭帯が伸展制限に大きく関与していることが推察されます。
しかし、私は、後方関節包靭帯自体の伸張性は低下しないと考えており、関節包靭帯に付着している半膜様筋の柔軟性が低下した結果、・・・・・・・

※回答の続きは会員のみ閲覧できます。会員の方はログインしておすすみください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください