回答講師:小野志操先生
keyword:TKA術後、可動域維持

質問
小野先生にTKA術後の可動域について質問があります。
理学療法実施後には可動域が広がり、次の日には可動域が元に戻ってしまいます。
TKA術後の関節可動域を維持するためには、どのようなことが重要ですか。

小野志操先生
ご質問ありがとうございます。
まず、可動域を維持するために重要なことは、膝関節の屈曲伸展の自動運動です。
重要なのは自己にて反復した運動を一定して行うことで、PT介入の有無はそれほど重要ではありません。
実際のパターンをご紹介すると、・・・・・・・

※回答の続きは会員のみ閲覧できます。会員の方はログインしておすすみください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください