回答講師:小野志操 先生
keyword:変形性膝関節症(保存)、膝関節拘縮、アプローチ手順

質問
訪問リハビリで勤務しています。
6月に行われた小野先生の実技セミナーに参加させて頂きました。
その後、日々職場のスタッフと触診の練習をしています。
ある程度、健常者に対して可動域を変化させることは出来るようになりました。しかし、実際の臨床現場では、結果を出すことに難渋しています。特に末期変形性膝関節の方に対する可動域制限に難渋しています。
外側広筋や大腿直筋なども硬く、膝蓋骨の可動域制限を伴った(前後も左右も動かない)、膝関節に対してはどのようにアプローチしたら良いのですか?治療手順などはありますでしょうか?よろしくお願い致します。

小野志操 先生
質問ありがとうございます。
私が臨床で診ている末期変形性膝関節のイメージと先生が臨床で診ている方が合致して居たら良いのですが・・・

※回答の続きは会員のみ閲覧できます。会員の方はログインしておすすみください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください