回答講師:園部俊晴先生
keyword:下肢の痺れ 竹ぼうき理論

質問
最近下肢の痺れについて臨床で悩んでいます。臨床での痺れの解釈について教えて頂きたいです。園部先生は、痺れの解釈をどのようにされていますか?
私の臨床では、診断で脊柱管狭窄症(画像上でL5,S1の狭窄があり)で下肢の痺れが生じる方でも、筋肉にアプローチすると症状が軽減することを経験します。
私自身、神経絞扼症状の場合、訴えている箇所が必ずしも原因となっていないと考えています。そのような神経絞扼症状をどのように鑑別していけばいいでしょうか。

園部 俊晴 先生
質問ありがとうございます。
大変良い質問です。
これから回答することは、あくまで私の神経絞扼症状の考え方ですが役に立つと思います。というのは、私はこの概念になってから、臨床でかなり痺れの症状を改善する症例を経験します。
私の神経性の痺れの解釈としては、神経は・・・・・・

※回答の続きは会員のみ閲覧できます。会員の方はログインしておすすみください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください