回答講師:鈴木俊明先生
keyword:圧迫骨折後の変形、体幹アプローチ、多裂筋

質問
圧迫骨折で悩んでいる患者さんがいます。
圧迫骨折から受傷数年経過されている症例で、L3くらいが後方へ突出し、腰椎が伸展方向に動かない、骨盤も後傾し、腸肋筋周囲にも圧痛があり、痛みを訴える場合でも多裂筋の収縮を促していくべきでしょうか?

鈴木俊明先生
ご質問ありがとうございます。
私は、多裂筋へのアプローチは行うべきだと思います。
「脊柱の変形は変わらない」と思って治療しているセラピストが多いですが、多裂筋を作用させることで改善を認める症例を非常に多く経験します。
特に長年、・・・・・・・・・・・

※回答の続きは会員のみ閲覧できます。会員の方はログインしておすすみください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください