回答講師:古泉貴章先生
keyword: 顎関節の障害、一次性・二次性、上行性運動連鎖

質問
他関節が上行性に顎関節への影響を与えることはありますか。
又、顎関節の障害を一次性と二次性に鑑別する評価などはありますか。

古泉貴章先生
ご質問ありがとうございます。
下肢の障害後に体幹から頭頚部の位置関係が変わる事で、噛み合わせ(咬合)の状態が変わることを経験します。
そのため、他関節が上行性に顎関節への影響を与えることは十分にあります。
一次性と二時性の評価方法は、問診でヒストリーを聞くことがポイントと考えています。
例えば「いつ親知らずを(第3臼歯)抜歯しましたか」、「いつから・・・・・・・・・・・

※回答の続きは会員のみ閲覧できます。会員の方はログインしておすすみください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください