回答講師:園部俊晴先生
keyword:急性腰痛 治療

質問
急性腰痛は、何をしても痛みが生じるため、評価しづらい時があります。その際どのように評価を行いますか? また施術を行うことで、緩解しやすいタイプと効果のないタイプがあります。またぎっくり腰の病態を先生はどのようにお考えでしょうか?先生の治療や考え方について教えて下さい。

園部 俊晴 先生
質問ありがとうございます。
急性腰痛においても痛い組織の分類を行うことが大切だと思います。ただし本当に動けないほど痛みの強い時期に関しては、安静が治療であることを知る必要もあります。
私の施設は、患者さんが1年待ちのため急性腰痛は実際に来ることは少ないです。
しかし、私が急性腰痛の方を診るのであれば、何を操作して楽になったか?ならなかった?かの仮説検証を行います。

※回答の続きは会員のみ閲覧できます。会員の方はログインしておすすみください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください