回答講師:園部俊晴先生
keyword:脊柱管狭窄症 第3水準の評価について

質問
脊柱管狭窄症の第3水準評価は、その場で行うことは可能でしょうか?第3水準の評価はどの病態でも可能でしょうか?

園部 俊晴 先生
質問ありがとうございます。
実際の臨床現場では、脊柱管狭窄症の診断は非常に多いですよね。
そのため、この質問は非常に重要です。
なぜこのことが重要かと言うと、脊柱管狭窄症の診断名がついても、本当に脊柱管狭窄症の症状が出ているかを確認しないと分かりません。
その理由は、脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなる病気です。
脊柱管が狭窄すれば、足が痺れる症状が出ます。しかし・・・・・・・

※回答の続きは会員のみ閲覧できます。会員の方はログインしておすすみください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください