回答講師:山本伸一 先生
keyword:脳卒中患者の肩の痛み インピンジメント

質問
臨床で脳卒中の患者さんの肩の痛みについて悩んでいます。
上肢挙上する際に、体幹の側屈が代償し疼痛が生じています。
このケースに対して、山本先生は、どのように介入して行きますか?

山本伸一 先生
ご質問ありがとうございます。
私は、脳卒中の肩関節痛において、原則6つに分けて分類しています。
「インピンジメントPain」、「ストレッチPain」、「神経の圧迫によるPain」、「腱板損傷によるPain」、「夜間痛」、「視床痛」等に分類されます。
「体幹の側屈が代償」と言われておりますので、麻痺側上腕は内旋位での空間定位だと思います。上腕外旋コントロールが低下し、僧帽筋上部線維又は三角筋の過剰収縮となるでしょう。おそらく患者さんは、「インピンジメントPain」の可能性が高いかもしれません。
まず、・・・・・・

※回答の続きは会員のみ閲覧できます。会員の方はログインしておすすみください。

コンテンツはロックされています

ログインしてロックを解除してください